血圧を下げる効果がある半日断食とにんじん

高血圧に悩む人はたいへん多く、薬を服用して血圧を下げているという方がほとんどかもしれません。しかし、薬の服用には何かと副作用が伴うものです。そこで是非とも積極的に取り入れたいのが、薬に頼らない、より安全な対処法方でしょう。
実は、血圧を下げるのに効果的な一つの簡単な方法があります。それは半日断食と呼ばれるものです。基本的に血圧が高くなる原因は、動脈硬化で血管が狭くなることにあります。そのため、普段から脂肪や糖分をたくさん摂取していると、血管の壁の内側に脂肪の塊ができ血管が狭くなってしまいます。その狭くなった血管に血液を送ろうとして、血圧が上がってしまうというわけです。
そこで半日断食をすれば、血管を広げ血液の流れを良くすることができます。結果として血圧も下がるのです。朝食を抜くと同時に、野菜中心の食生活にすることによってかなりの程度改善することができます。また半日断食が効果的なもう一つの理由は、半日断食をすると体の各細胞が栄養を吸収しようと一生懸命に働くことにあります。その結果、血液の環境も良くなるのです。
さらに血圧を下げる効果を持つもう一つのものは、にんじんを摂取することです。にんじんにはカリウムが豊富に含まれています。実はこのカリウムに、ナトリウムを排出し血圧を下げる効果があるのです。にんじんは油と一緒に摂取すると吸収率が良くなるため、にんじんを油で炒めて食べるのも効果的な方法です。さらには自家製のにんじんジュースを飲むのもよいでしょう。その際、市販の野菜ジュースを飲むのでは、同様の効果を得ることはできないと言われています。にんじんを使って自分で作るなら、より安全な効果の高いジュースができるでしょう。